大倉山の街についてその2

最終更新: 2019年4月10日

何度か書きました大倉山シリーズ。

港北区大倉山といえば梅の花が素晴らしく、 大倉山公園を包み込みように咲き乱れる梅林が有名です。

広大な自然豊かな大倉山公園は、 子どもが遊んだり高齢の方も散歩を楽しんだりと幅広い世代に利用されています。

東急東横線の大倉山駅から高台に向かうと大倉山公園があり、木々の緑と美しく咲き誇る花々が見どころです。

横浜市指定有形文化財である大倉山記念館は、 おしゃれな洋館を思わせる建物の外観が映画やドラマの撮影で使われています。

テレビが大好きなお子さんは、もしかしたら見たことがあると気がつくかもしれません。

大倉山には港北区役所や公会堂があり、諸手続きはもちろん子どもの予防接種や検診を行っています。 また、学校や子育て支援の体制が整っているため、子育てをしやすい環境として人気です。

港北警察署もほど近く治安が良いため、 子育て世代だけでなくシニア世代にも暮らしやすいおすすめのエリアです。

子どもの成長や将来を考えるうえで、塾や習い事を検討している方もいるのではないでしょうか。

大倉山には、学習塾はもちろんダンスやピアノ、バレエなどの習い事もたくさんあります。

日頃のダンスの練習やパフォーマンスを発表するスタジオも充実しているので、 通いやすく続けやすい点が魅力です。

商店街であるエルム通りは、 アテネ市との姉妹提携を結んでいることもあって

白い外壁で統一された古代ギリシャ風のおしゃれな雰囲気を楽しむことができます。

カフェや総菜店など、生活に必要なお店が揃っていてとても住み心地の良い町です。